ホリスティックケアで身体も心も整えましょう

代替療法(ホリスティックケア)とは? 

 

  通常の病気の治療のことを、西洋治療といいます。

 肉体上の症状の緩和、病気を西洋医学的な薬で治療したり、外科手術などを行う一般的な治療のことです。

 一方、ホリスティックケアとは、肉体、精神、魂の3つを総合的に考え、体質を診て全体を治す治療です。

 また自分の自然治癒力を目覚めさせ、自己免疫力を上げていくことにつながります。

 ホリスティックケアは、病気の原因を、肉体的な面のみならず、

 気の状態、その動物におかれた環境やストレス、食餌といったところまで考慮し、治療を行っていきます。

 そのため、従来の治療では 効果がなかった症状改善のみならず、例えば、運動器疾患で治療していたのに、

 毛並みが良くなる。食欲不振だったのが治る、下痢をよくしていたのがいつの間にかなくなったなど、

 身体全体が元気になっているのを感じることができることが多くあります。

 ホリスティックケアは、西洋医学では治療が限界だった慢性的な病気を、改善に導くこともあります。

 

 当院での代替療法

 症状に応じて、組み合わせ、単独で治療を行っております。

 

 鍼灸治療・・別ページ参照

 漢方薬・・ペットが飲みやすいように、錠剤・シロップ剤等で処方します

 

 ホモトキシコロジー・・ドイツの自然療法で、すべての慢性疾患に適応。

             特に、ネコの腎不全には著効。

             注射・シロップ剤など 投与方法も様々で、飼い主様も自宅で与えやすいです

 ホメオパシー・ヨーロッパでは保険適応となっている代替療法です。

         漢方薬よりも適応症状によっては、こちらを処方します。

          ※カウンセリング要

 

  フラワーエッセンス・・エドワード・バッチ博士によって発見され、英国で70年以上愛し続けら   れている、

            「心や感情によいバランスにもたらす花のエッセンス」のことです。
                 人やペットの感情を癒し、本来の状態に戻す手助けをします。薬ではないので副作用は一切ありません。

                                                   ※カウンセリング要

              例えば下記のような問題行動に

             ・お留守番中にイタズラする

             ・他の人や犬に懐かない。攻撃的になることがある

             ・物音に対して敏感で吠える          

​             このような問題行動の裏には、ストレスを抱えたペットたちの見えざる心が隠されているのです。

             フラワーレメディを正しく選択し服用することにより精神面から改善していきます。
             (また、飼い主さん自身の心のトラブルにもカウンセリングを行い、フラワーレメディボトルをお作りいたします。)

     

 

  メディカルアロマテラピー・・フランスやベルギーで薬剤として認定されているメディカル用の精油を用いた治療です。

                                                            主に皮膚疾患に処方します  

 

              その他 (レイキヒーリング・音叉療法など。必要に応じて上記治療に+サービスで行います)

Tel: 048−780−2556

診療時間(予約制)
    9:30~12:00
  14:30~17:30

  (時間外はお問い合わせください)
  休診:火曜・日曜・祝日   
 

埼玉県桶川市東2-6-18菊池ビル1F

中仙道を桶川駅方面をみて富士見通り交差点を右に100m
または国道17号[上]の交差点を桶川駅方面に曲がり約50m右側
駐車場 2台 あり
​JR桶川駅から徒歩15分
 お問合せ ご質問はこちらから(予約はTELのみ)
 返信に数日かかることがあります

© 2018 by ​Fairy Pet Care Proudly created with HPmaker